お知らせ
NEWS

PC-3000 Portable バージョン1.5.1リリースについて

PC-3000 Portableの新バージョンがリリースされました。

WD Marvell

  • 新しいHDDファミリーに対応しました。SADLE 2D、MZTGP、Draco;
  • ABA/CHSトランスレーションモードのABAでSAにアクセスする新しいSAアクセスモードをROYLドライブ用に追加しました。
  • SAモジュールを検査するすべてのモードに、アクセス方法の選択肢(IDによる方法/ABAによる方法)を追加しました。
  • SAの隠れた欠陥のモジュール30に基づく制御を追加しました。

Seagate F3:

  • ドライブテーブル「DR」(ドライブテーブル。以前の「CP」)およびサービスモジュールの説明を追加しました。
  • ユーティリティーメニュー構成を変更しました。
  • 欠陥を隠す「cmd Rev 3」対応を追加しました。
  • プロファイルおよびDBに読み込み中に、プロトコルでDTの説明を出力するエラーを修正しました。

Seagate Classic (Baracuda)

  • 新しいHDDファミリーに対応しました:LD25.1(MLite)、LD25.2(Mustang)
  • ユーティリティーメニューからターミナル速度制御機能を利用可能にしました。

SAMSUNG

  • 新しいHDDファミリーに対応しました:МН80、M8E、N1 1.8
  • ファミリーを選択する前に、[Terminal]タブがバックグラウンドでアクティブになり、ユーティリティーを初期化せずにドライブ開始ログのモニタリングを有効にするように変更しました。
  • 標準的ではないLBAサイズに関する新しい注意ログをユーティリティーの起動時に追加しました。
  • ROMの読み込み/書き込み問題(ターミナル経由)が生じた際に、テストモードでマイクロプログラムに自動切換えを行う新機能を追加しました。
  • 新しい[View ROM dump info](ROMダンプ情報を表示)テストを以下のファミリーに追加しました:VOYAGER11+、VICTOR、PUMA、VICTORPLUS、VERNA、VERNALITE、VANGO、VANGOPLUS、PANGO、VELOCE、PALO、Poseidon、DELPHI、Caesar、P80M、Trident、T166、Storm2、Trident3、MAGMA、M40S、M60、M80、MANGO、M5P1、PARAGON、M6、MT1
  • SAの構造テストでヘッド選択を可能にしました。
  • [Reading Modules](モジュールの読み込み)テストに、複合読み取り時にエラーを無視する新しいオプションを追加しました。
  • 「Platform Id get error」(プラットフォームID取得エラー)を修正しました。このエラーは、TrinityドライブのROM解析(逆アセンブル)時に発生する場合がありました。
  • 「Unknown tech key」(テックキー不明)エラーを修正しました。このエラーは、サービストラック読み込みテストで[Skip](スキップ)ボタンを押したときに発生する場合がありました。

TOSHIBA

  • 新しいHDDファミリーに対応しました:34GAL、56GSY、59GSXP、61GSY、64GSY、65GSX

HITACHI-IBM-ARM

  • ARMアーキテクチャに基づいた新しいHitachi製HDD専用ユーティリティーを追加しました。

PC-3000 Kernel

  • ターミナルに出力バッファを追加しました(大量データをターミナルで高速転送する際に、プログラムがクラッシュするのを防ぎます)。
  • PC-3000 Portableアダプタにアクセスするための相互排除のメカニズムを改善しました。コマンド実行中の電力制御(新技術)を追加しました。

Data Extractor

    • Rawリカバリの結果をCSVファイルにエクスポートする機能を追加しました。
    • [Raw recovery](Rawリカバリ)モードを改良しました。処理速度を20~30%向上させました。
    • 「RAW Recovery」(RAWリカバリ)の結果に、新しい[Comment](コメント)フィールドを追加しました。これにより、現在の結果に関する最も標準的な情報が確認できるようになり、結果一覧表示での差異(例:別のパーティションのスーパーブロックとの違い)を見つけることができるようになりました。
    • ログの右クリックメニューに新しく[Open as LBA](LBAとして開く)メニューを追加しました。このメニューにより、ユーザーは数値を指定して、すぐに[Sector edit](セクタ編集)で開くことができるようになりました。
    • [Rename](名前の変更)を使用して保存する際に重複したファイル名がある場合の、ファイル命名アルゴリズムを変更・改良しました。
    • ディスクの分析モードを改良しました。
    • – 新しいファイルシステムに対応しました:UFS1/UFS2、ReiserFS

 

    •  - ブートセクタおよび/またはFATテーブルが存在しない場合でも

 

    •   仮想パーティ  ションFAT16およびFAT32を生成する機能を実装しました。

 

    •  - 最初のスーパーブロックが破損している場合に

 

    •   仮想パーティションXFS、ExtX、UFS1/UFS2を追加する機能を修正しました。

 

    •  - MBR、GPT、APMが存在しない場合や破損している場合に、

 

    •   自動的に起動するメソッドを追加しました。

 

  • 新しいファイルシステムに対応しました。EXT4、XFS、ReiserFS;
  • NTFSファイルシステム:[Partition data analysis](パーティションデータ解析)メソッドを追加しました。
  • FATファイルシステム:[Partition data analysis](パーティションデータ解析)メソッドを追加しました。
  • UFS2、UFS3ファイルシステム:[Partition data analysis](パーティションデータ解析)メソッドを追加しました。
  • [Raw Recovery](Rawリカバリ)モードにファイルシステム(exFAT、HFS+、XFS、ExtX、UFS1/UFS2、ReiserFS)のサービス構造検索を追加しました。

 

PC-3000 JAPAN正規品をご利用のユーザー、およびPC-3000 Portableテクニカルサポートユーザーは、アップデートボックスからダウンロードする事で新バージョンを今すぐ利用できます

PC-3000 JAPAN サポートチーム

AceLaboratoryでは世界中のPC-3000ユーザーの為、常に新しい問題に挑み続けています。この素晴らしいデータ復旧技術を多くの日本の皆さんにお知らせする為、PC-3000 JAPANサポートチームでは、克服されたデータ復旧技術や最新情報をRSSで配信しています。

PC-3000 JAPANからメール会員募集のお知らせ

PC-3000 JAPANでは、最新情報を皆様にいち早くお知らせする為、メール会員を募集しております。データ復旧製品やデータ復旧技術の最新情報の提供、メール会員限定の展示会、セミナー開催事前告知、製品に関する定期的なお得情報などを配信しております。配信をご希望の方は、当サイトトップページからメール会員登録を行なって下さい。

PC-3000 UDMA Ver.5.1.0リリースについ...
PC-3000 JAPAN 関西ショールームオープンのお知...