お知らせ
NEWS

「Toshiba SATA新型ハードディスクドライブ」対応へ向けた開発状況

現在、ACE Laboratoryでは、PC-3000 for Windows (UDMA) ユーティリティに「Toshiba SATA新型ハードディスクドライブ」を追加する為、開発準備を進めています。

すべてのToshiba SATAドライブのテクノコマンドは、PATAと比較して大幅に変更されていますが、既に殆どのテクノコマンドは解明されています。次のPC-3000 for Windows(UDMA)アップデート後、Toshibaユーティリティでは、以下の操作が可能となります。

  • CPの読み込み/書き込み
  • トランスレーター再計算およびGリストのクリア
  • S.M.A.R.T.のクリア
  • Gリストへのディフェクト追加
  • Pリストの確認表示
  • ドライブIDのエディット
  • RAMおよびバッファRAMの読み込み/書き込み
  • ROMの読み込み

 

また次期バージョンのData Extractor UDMAでは、Toshiba用のヘッドマップの構築が可能になり、ベータ版は、来月リリース予定です。

PC-3000 Japan サポートチーム

AceLaboratoryでは世界中のPC-3000ユーザーの為、常に新しい問題に挑み続けています。この素晴らしいデータ復旧技術を多くの日本の皆さんにお知らせする為、PC-3000 Japanサポートチームでは、克服されたデータ復旧技術や最新情報をRSSで配信しています。

第6回情報セキュリティEXPO出展
PC-3000 Flash バージョン2.0.1開発状況に...