お知らせ
NEWS

PC-3000 FlashソフトウェアのバージョンVer. 7.3.7.がリリースされました。

PC-3000 FlashソフトウェアのバージョンがVer. 7.3.7.となりました。
英語、日本語、韓国語、中国語のソフトウェアアップデートがリリースされております。

 

PC-3000 Flashソフトウェアのバージョン7.3.7のその他の主な機能向上:

  • 複雑な ECC コードのリソースを追加しました。
  • フォルダ構造からファイルを保存するときに、ビルドエラーやECCエラーを含むファイルを別の
    ディレクトリに配置する機能を追加しました。
  • 新しいトランスレータアルゴリズムメソッド「SanDisk 8 sec」を追加し、SanDisk技術に基づいて
    UFD / SD / microSDカードからの回復の結果の質を大幅に向上させることができます。
    クラシックブロック番号の制限を回避することができます。

    • 32-64GB以上の容量でイメージを組み立てます。
    • SLC キャッシュからのデータを使用します。
    • 更新を含む完全なフォルダ構造を取得します。
    • ビルドトランスレータイメージからビデオファイルを復元します。

このアルゴリズムは、8セクタサイズブロック構築が必要な場合にのみ確実に使用できます。今後の
アップデートでは、より多くのSanDiskCPU FWの変更が追加されます(MLCメモリケース、異なる
SAの場所を持つ古いケースなど)。

  • SM2704コントローラ用の新しいトランスレータアルゴリズムを追加しました
  • PS8036コントローラ用の新しいトランスレータアルゴリズムを追加しました
  • ファイルシステムに基づいて仮想イメージを構築するビジュアルな方法を追加し、ブロックの
    リストから最適な候補を手動で選択できるようにしました。
    このイメージアセンブルアルゴリズムは、トランスレータが使用できず、SA領域にブロック番号
    イメージ構築のマーカーが含まれていない場合に非常に便利です(例えば、最新のSSS669xケース)。
  • 新しい再読み込みアルゴリズムを追加しました:
    • Sandisk MLC Ver 1
    • Sandisk MLC Ver 2
    • Sandisk MLC 15nm

 

機能強化の詳細なリスト:

  • 以下の複雑な ECC コードのリソースを追加しました。
    • 1120BB_SD
    • 1128BB_SD
    • 44_SK
    • 1158_PS
    • 1152_PS
    • 1134_SM3259
    • 31_SM3259
    • 8_5
    • 32_x
    • 548_x
    • 538_x
    • 525_x
    • 1098_ATJ3315
    • 1088_ATJ3315
    • 1068_ATJ3315
    • 1110_AU
    • 600_SM
    • 52_SM
    • SM_1090
    • SM_1122
    • 538_sk
    • 542_sk
    • 2140_idx
    • 48_sm
  • 「Designer page」モードでサービス範囲を4番目と8番目のセクタに追加(追加)する機能を追加
    しました。メニュー項目は、選択した範囲の数に応じてアクティブになります。14 バイトの
    SA 範囲を持つSanDiskのケースで使用され、同じ範囲内のセクターの 4 つのグループごとに
    14 バイト SA を追加する必要があります。

 

  • 「Re-reading」モードでの操作の有効性を評価するための統計出力を追加しました。
  • フォルダ構造からファイルを保存するときに、ビルドエラーやECCエラーを含むファイルを別の
    ディレクトリに配置する機能を追加しました。
  • 「Transformation Graph」および「Analysis Result」ノードにユーザーコメントを設定する機能を
    追加しました。
  • 新しい準備方法「Masking pages with ECC errors」を追加しました。新しい方法では、ECC エラーの
    あるページを、さらなる分析から除外 (仮想 FF バイトで埋める) ことができます。これにより、
    サービスや無関係なデータを含むページを除外し、イメージの構築を妨げることができます。
  • ECCを決定および調整する機能を追加し、ビットごとの分離の動作を必要となりました。
  • モノリシック ドライブに必要な場合によっては、プレフィックス 0x65 を持つチップ ID の読み取り
    コマンドのサポートが追加されました。

 

  • 新しいトランスレータアルゴリズムメソッド「SanDisk 8 sec」を追加し、SanDisk技術に基づいて
    UFD / SD / microSDカードからの回復の結果の質を大幅に向上させることができます。
    クラシックブロック番号の制限を回避することができます。

    • 32-64GB以上の容量でイメージを組み立てます。
    • SLC キャッシュからのデータを使用します。
    • 更新を含む完全なフォルダ構造を取得します。
    • ビルドトランスレータイメージからビデオファイルを復元します。

このアルゴリズムは、8セクタサイズブロック構築が必要な場合にのみ確実に使用できます。今後の
アップデートでは、より多くのSanDiskCPU FWの変更が追加されます(MLCメモリケース、異なる
SAの場所を持つ古いケースなど)。

  • SM2704コントローラ用の新しいトランスレータアルゴリズムを追加しました
  • PS8036コントローラ用の新しいトランスレータアルゴリズムを追加しました
  • ファイルシステムに基づいて仮想イメージを構築するビジュアルな方法を追加し、ブロックの
    リストから最適な候補を手動で選択できるようにしました。この画像アセンブルアルゴリズムは、
    トランスレータが使用できず、SA領域にブロック番号イメージ構築のマーカーが含まれていない
    場合に非常に便利です(例えば、最新のSSS669xケース)。

 

  • ビルドされたイメージの”バージョン選択”モードの新しい実装を追加しました。
  • 代替カードを操作する機能を追加しました。
  • 新しい再読み込みアルゴリズムを追加しました
    • SanDisk MLC Ver 1
    • SanDisk MLC Ver 2
    • SanDisk MLC 15nm
  • PC-3000 Flash カードアダプタの各回路(Vcc、VccQ)の電圧を個別に設定できるようになりました。
  • PC-3000 Flash BGA-152 アダプタ用に、各回路(Vcc、VccQ)の電圧を個別に設定できるようになりました。
  • 4Kセクターのサポートを追加しました。
  • ソフトウェアのツールバーにインジケータボタン「アダプタ設定」を追加しました。

 

  • このボタンは、タスクが作成されるか、アダプターを使用して開かれた場合にアクティブになり、
    ハードウェア機能の使用が取り消された場合は非アクティブのままになります。ボタンを押すと、
    現在のアダプタのパラメータウィンドウが開きます。
  • 安定性、バグ修正、ソフトウェアモジュールの大幅な改善を行いました。

追加されたリソース:

  • 静的 XOR:
  • メモリチップ、読み取りオプション:
  • NAND チップページの ECC フォーマット:
  • アプリケーションの動的 XOR とアルゴリズム:

モノリシックドライブの技術出力の配置:

M2 Type 2 micro SD Type 25 micro SD Type 26
micro SD Type 27 micro SD Type 28 micro SD Type 29
micro SD Type 30 micro SD Type 31 micro SD Type 32
micro SD Type 33 micro SD Type 34 micro SD Type 35
micro SD Type 36 micro SD Type 37 micro SD Type 38
micro SD Type 39 micro SD Type 40 micro SD Type 41
micro SD Type 42 micro SD Type 43 SDHC Type 1 (x16)
SDHC Type 20 SDHC Type 21 UFD Type 38
UFD Type 37 UFD Type 39 UFD Type 42
UFD Type 40 UFD Type 41

 

PC-3000 JAPANサポートチーム

PC-3000 Express / UDMA-E / Po...
PHISON PS3109 および PS3111 コントロ...