データ復旧ツール ハードディスク復旧ツール フラッシュメモリ復旧ツール PC-3000 JAPAN

日本総代理店
株式会社くまなんピーシーネット

電話番号096-
お申し込みはこちら

NEWS

PC-3000 Express / UDMA-E/Portable 6.4.14、Data Extractor 5.7.7、PC-3000 SSD 2.5.8がリリースされました。

2017/12/11

PC-3000 Express / UDMA-E/Portable 6.4.14、Data Extractor 5.7.7、PC-3000 SSD 2.5.8がリリースされました。

PC-3000 Express / UDMA-E / Portableバージョン6.4.14、Data Extractorバージョン5.7.7、PC-3000 SSDバージョン2.5.8がリリースされました。

PC-3000およびData Extractorの英語版、日本語版および中国語版ソフトウェアの更新版がリリースされました。

  • PC-3000 Express/UDMA-E/Portableバージョン6.4.14
  • Data Extractorバージョン5.7.7
  • Data Extractor RAID Editionバージョン5.7.7
  • PC-3000 SSDバージョン2.5.8

PC-3000 Software Updatesを利用すると、ユーザーのツールを最新の状態に保つことができます。PC-3000、Data ExtractorおよびPC-3000 SSDの最新バージョンでは、新しいモードや機能、サポートするドライブやバックグラウンドで実行できるプロセスの拡大など、さまざまな機能向上を提供します。

主な機能向上のリスト:

PC-3000 HDD (Express、UDMA、Portable)

WD Marvell
  • DEにおけるアクティブなユーティリティ・アクションに関する“DirをHDD RAMにアップロード(Upload Dir into HDD RAM)”モードを追加しました。
  • “DirをHDD RAMにアップロード(Upload Dir into HDD RAM)”モードにモジュール02のアップロード機能を追加しました。
  • クイックアクセス・ツールバーを変更したことで、Dir読み取りが更新されるようになりました。Dirを追加しない場合、コピー0、1へアクセスできます。
Hitachi-IBM-ARM
  • ROM画像のサイズ、および7220ALA3、HUA7220ALA3、7210CLA3、HUA7220CLA3、5C10CLA3ファミリィのユーティリティ起動時のハンギングを修正しました。
  • 7220ALA3、HUA7220ALA3、7210CLA3、HUA7220CLA3、5C10CLA3ドライブファミリィのROMサイズを256 kに修正しました。

Data Extractor

  • DE_Storageデータ画像の新しいフォーマットを追加しました。このフォーマットは、データの圧縮手順、HASHサムおよびチェックサムを利用します。新しいフォーマットは速くてコンパクトです。
  • マーク付きファイルおよびフォルダ設定に基づいて、レポート構築手順を大幅に最適化・高速化(10倍)しました。
  • さまざまなプロセスをバックグラウンドで実行できるようになりました。
VMFSファイルシステム
  • VMFS 6の初期サポートを追加しました。
  • ファイルシステムの構造解析に関する新しい方法を追加しました。
UFS1(2)ファイルシステム
  • メタデータ内で数字を表すBig Endian ?のサポートを追加しました。

Data Extractor RAID Edition

  • テーブル全体に関するマトリックス内の“不明(Unknown)”ブロックを自動検出する新しい方法を追加しました。
  • すべてのRAIDメンバーに関して、バックグラウンドでRAWリカバリを実行できる能力を追加しました。

PC-3000 SSD

Phison
  • 新しいファミリィのPhison PS3110コントローラをPC-3000 SSDのサポートリストに追加しました。
Toshiba
  • 新しいファミリィのToshiba TC58NC1000コントローラをPC-3000 SSDのサポートリストに追加しました。

機能向上の詳細リスト:

PC-3000 HDD (Express、UDMA、Portable)

WD Marvell
  • DEにおけるアクティブなユーティリティ・アクションに関する“DirをHDD RAMにアップロード(Upload Dir into HDD RAM)”モードを追加しました。
  • “DirをHDD RAMにアップロード(Upload Dir into HDD RAM)”モードにモジュール02のアップロード機能を追加しました。
  • クイックアクセス・ツールバーを変更したことで、Dir読み取りが更新されるようになりました。Dirが追加されない場合、コピー0、1へアクセスできます。
  • ROMおよびROMモジュール拡張解析アルゴリズムにおけるセクタおよびバイト(これまではバイトのみ)の事前設定サイズを伴うモジュールのサポートを追加しました。
  • “再起動(Restart)”コマンドで起動した場合の、HDD再起動時の“SATA接続なし(No SATA connection)”エラーを修正しました。
  • “ゾーンおよびヘッドの非アクティブ化(Zones and heads inactivation)”モードにおいて部分的にマークされるマイクロゾーンがハイライトされるようになりました。
  • セクタごとのモジュール書き込みを確認できる可能性を追加しました。
  • 論理スキャン後の欠陥を非表示にするポップアップダイアログを改善しました。
  • Boot ROMモードにおける書き込みコマンド時のSAアクセスをブロックする可能性を追加しました。
  • “ゾーンおよびヘッドの非アクティブ化(Zones and heads inactivation)”モードにおける定義済みマークの検索機能を追加しました。
  • ユーティリティのステータスバーを改善し、最新の技術エラーの表示機能が追加されました。
Hitachi-IBM-ARM
  • ROM画像のサイズ、および7220ALA3、HUA7220ALA3、7210CLA3、HUA7220CLA3、5C10CLA3ファミリィのユーティリティ起動時のハンギングを修正しました。
  • 7220ALA3、HUA7220ALA3、7210CLA3、HUA7220CLA3、5C10CLA3ドライブファミリィのROMサイズを256 kに修正しました。
Hitachi-IBM-ARM
  • PC USB Terminal III (MHT ? MJA)向けのパスワード削除を適用しました。
PC-3000 Kernel
  • “表示(View)”メニューおよび2つのパネルに“ツール(Tools)”メニューを配置する機会を追加しました。
  • ユーティリティウィンドウにモードタブを配置する設定オプションを追加しました。
PC-3000 Tools
  • プロファイルの検索で、除外されたプロファイルも検索できるようになりました。
  • PC-3000処理に関して、プロファイル・リストの同期手順を最適化しました。
  • HEXエディタにマーカーのハイライト機能を追加しました。
  • HEXエディタに値を置換するモードを追加しました。

PC-3000 HDD (Express、UDMA、Portable)

  • DE_Storageデータ画像の新しいフォーマットを追加しました。このフォーマットは、データの圧縮手順、HASHサムおよびチェックサムを利用します。新しいフォーマットは速くてコンパクトです。
  • UNICODEサポートの備わった新しいGREP検索モードを追加しました(Win7以降がサポートされています)。
  • マーク付きのファイルとフォルダのみをレポートにエクスポートする新しい方法を追加しました(DEViewer向け)
  • WFS0.x file system向けのサポートを追加しました。
  • マップの操作(接合、交点、など)を超高速化しました。
  • 凡例およびヘッドのマップ設定に基づいて、サブマップ構築プロセスを大幅に最適化・高速化(10倍以上)しました。
  • マーク付きファイルおよびフォルダ設定に基づいて、レポート構築手順を大幅に最適化・高速化(10倍)しました。
  • 属性マップおよびヘッド処理との動作を最適化しました。
  • 仮想マシンを使用するオプションを追加しました。
  • Data Extractorの設定で、ファイル保存にマークを外すリクエストオプションを無効にしました。
  • チェーンマップのメカニズムを更新しました(スクロールオプションが適切に動作するようになりました)。
  • マルチパス読み取りモードに、特殊マップ(平方立方フォーマット)のサポートを追加しました。
  • タスク作成段階における自動リフレッシュ処理を行うデバイスのリストがオプションとなり、専用の”リフレッシュ”ボタンを追加しました。
  • DEタスク設定の、ソース/コピー先デバイスにおける内部ドライブに、物理番号とドライブレター(割り当てられる場合)を追加しました。
  • Data Extractorのタスク情報に、USBドライブレシーバーのS/N番号を追加しました。
  • 1つ目のセクタのホットキーおよびファイルを開く手順を変更しました。
  • ファイルおよびフォルダの保存順番を変更しました。この処理によって、サブダイレクトリの内容を抽出する際に、サブダイレクトリが保存されます。
さまざまなプロセスをバックグラウンドで実行できるようになりました:
  • コピー作成の処理
  • マップによるコピー作成の処理
  • さまざまなプロセスで、ファイルとログファイルの保存を個別に行うようになりました(同時に実行する共通およびバックグラウンドの処理に関して)。
  • NTFS、FAT、ExFAT、XFS、UFS、HFS+、ReiserFSの解析
  • MFTテーブルのスキャン
  • ファイルシステム構造の検索および(または)解析
  • GREP検索
  • RAWリカバリ
  • 暗号化ドライブで、凡例およびヘッドマップを使ったスナップショットが可能になりました。
RAWリカバリ
  • 残りのファイルのサイズを再計算して、結果を削除する方法を追加しました。
  • CSVフォーマットでエクスポートする新しいフィールドを追加しました('名';作成日、更新日およびアクセス日)。
  • ドライブ名が表示されるようになりました。
NTFS File System
  • “構造解析(Structure analyses)”方法およびその他の解析関連方法を改善しました。
  • RAWリカバリ結果から仮想パーティションを作成した後に、パーティションのサイズを判断するのに@bitmapファイルが使えるようになりました(レコードがゼロのMFT領域)。
VMFSファイルシステム
  • VMFS 6の初期サポートを追加しました。
  • ファイルシステムの構造解析に関する新しい方法を追加しました。
UFS1(2)ファイルシステム
  • メタデータ内で数字を表すBig Endian ?のサポートを追加しました。
  • SPARSED ? ファイルのサポートを追加しました。
  • 2 TB以上のパーティションで発生するエラーを修正しました。
EXT2/3ファイルシステム
  • SPARSED ?ファイルのサポートを追加しました。
FAT File System
  • パーティション解析のアルゴリズムを強化しました。
  • 改善およびバグ修正
XFS File System
  • 複数のフォルダが開いている際に発生するエラーを修正しました。
HFS+ File System
  • パーティション解析を改善しました。HardLinksがサポートされるようになりました。

Data Extractor RAID Edition

  • テーブル全体に関するマトリックス内の“不明(Unknown)”ブロックを自動検出する新しい方法を追加しました。
  • インタラクティブなパラメータの検出における候補検索のオプションを追加しました(可能性のあるブロック、ストリング、テーブル内全体での検索)。
  • すべてのRAIDメンバーの同時統計表示に関する新しいモードを追加しました(このモードは、RAID作成ウィンドウで実行できます)。
  • すべてのRAIDメンバーに関して、バックグラウンドでRAWリカバリを実行できる能力を追加しました。

PC-3000 SSD

Phison
  • 新しいファミリィのPhison PS3110コントローラをPC-3000 SSDのサポートリストに追加しました。公式サポートモデル :
    • Smartbuy Revival
    • Smartbuy Firestone
    • Smartbuy Ignition 4
    • Patriot Blast
    • Kingston SSDNow UV300
    • Kingston SSDNow KC400
    • Kingston HyperX Savage
    • その他のあらゆるPS3110ベースのSSD
  • チップごとの2 LUNである場合に、PS3109ドライブ向けのトランスレータ構築アルゴリズムを追加しました。
  • チップごとのダンプが個別の論理要素である場合に、PS3109ドライブ向けのトランスレータ構築アルゴリズムを追加しました。
Toshiba
  • 新しいファミリィのToshiba TC58NC1000コントローラをPC-3000 SSDのサポートリストに追加しました。公式サポートモデル:
    •  OCZ (Toshiba) Trion 100
    • OCZ (Toshiba) Trion 150
    • Toshiba Q300
Samsung SSD
  • PC-3000メニューで、コントローラ向けのSSD選択を追加しました。
  • Samsung Utility Interfaceの変更と改善
  • 確認設定を追加しました。
  • 欠陥ウィンドウのエディタにおけるダイアログボックスを変更しました。
  • ステータスバーの表示を、他のPC-3000ユーティリティと統一しました。
Silicon Motion
  • SM2246XTベースドライブに修理機能を追加しました。
  • SM2246ENベースドライブに修理機能を追加しました。
  • SM2256Kベースドライブに修理機能を追加しました。
  • SM2246XTコントローラをベースとしたドライブのトランスレータ構築アルゴリズムを改善しました。

PC-3000 JAPANサポートチーム


*ニューストップに戻る

*過去のニュース一覧を見る


製品に関する実績
資料請求 width=
セミナーの様子
セミナー情報

PC-3000シリーズを利用した これまでにない新しいビジネスチャンス例を特別にご紹介します。

取扱代理店
取扱い代理店

PC-3000 JAPAN 正規取扱い代理店についてご紹介します。

正規品の証
正規品の証

製品をお買い求めの際は、このマークをご確認ください。

PAGE TOP