データ復旧ツール ハードディスク復旧ツール フラッシュメモリ復旧ツール PC-3000 JAPAN

日本総代理店
株式会社くまなんピーシーネット

ACE Laboratoryロゴ
ナビダイヤル0570-020-907
お申し込みはこちら

SAS / SCSI HDD Data Recovery

PC-3000
SAS System

PC-3000 SASは、あらゆるSAS、
SCSIハードディスクの診断と修復
およびデータリカバリを行う
ハードウェアシステムです。

PC-3000 UDMAを利用して、以下のSAS / SCSI ハードディスクの障害からデータリカバリが行えます。

サービスエリアの障害

  • BIOSで認識しない
  • サービス情報の損傷
  • トランスレーションシステムの損傷
  • LBAで読み込めないデータがある
  • 0 GB容量の場合
  • ログオーバーフロー

サーフェイス、ヘッドの障害

  • 多数の不良セクタ
  • 一部のヘッド損傷
  • ノッキング音

電気的な障害

  • スピンドルモーターが回転しない
  • PCBの損傷
  • PCBとHDAの互換性の問題

その他

  • PCBとHDAの互換性、および障害PCB、HDAの移植ドナー適用の問題
  • ファクトリーモードを使用したHDD診断およびリストア
  • その他、様々なケース

PC-3000 SAS System とは?

PC-3000 SASは、Data Extractor SASと連携して不具合のある障害HDD(SAS・SCSI)のデータリカバリを行うための最新の最もパワフルなソリューションです。

SAS/SCSIのデータリカバリを実現する新PC-3000 SAS Systemは、HDDの最高速度で処理を実行し(速度はHDDの仕様によって異なります)、他製品には実現できない速度と効率性を実現させます。PC-3000 SAS Systemは、SAS/SCSIのデータリカバリにおいて、最も洗練されたツールと最短時間で行える技術を求める組織のための必須ソリューションです。

本製品は、以下のHDDメーカーに対応しています。
Seagate、Fujitsu、Maxtor、Quantum、IBM、HGST、HITACHI
  • インターフェイス:SAS
  • 容量:18GBから2 TBまで
  • 外形:SAS 、SCSI-2、Ultra、Ultra2、Ultra160、Ultra320

PC-3000 SAS/SCSIは、全般的なテストを行う
ユニバーサルユーティリティと、テクノロジカルモードで
処理する専用ユーティリティで構成されています。

ユニバーサルユーティリティでは、以下の診断が行えます。

  • HDDの全般的な性能チェック
  • サーフェイスのリード/ライト、ベリファイテスト
  • パフォーマンスグラフの表示
  • G-ListとP-Listテーブルの表示
  • S.M.A.R.T.パラメータ(Log Sense)の表示
  • HDDのパラメータ情報の表示と変更
  • HDDイメージの保存、保存イメージのHDD書き込み
  • セクタエディタによる指定したエリアの表示と編集
  • 全診断結果のファイル保存、またはデータベース登録
  • すべての診断作業の操作記録
  • SAS、SCSI HDDのスクリーニングに適しています。

専用ユーティリティでは、
以下の診断が行えます。

  • Seagate、IBM、Maxtor、Quantum、FujitsuのHDDに対応
  • テクノロジカルモードでのHDDテスト、サービス情報チェック
  • UEC-listによる検出したエラーの確認と原因特定
  • コンフィギュレーションページやモジュールの読み込み、書き換え
  • サービス情報の構造テストと修復、トランスレータ再計算
  • 物理パラメータを含むサーフェイスや磁気ヘッドのテスト
  • 不良セクタの除去、ファクトリフォーマット
  • S.M.A.R.T.のクリア
  • スクリーニングにおいて詳細なレポートができるようになります。
  • プロが求めるデータリカバリに必要な機能が充実しています。
  • SCSIコントローラを使用することで、SCSI、HDD(50pin、LVD68pin、SCA80pin)の処理ができます。

Data Extractor SAS/SCSIはPC-3000 SAS/SCSIと連携して機能するSAS、SCSIハードディスク対応のデータリカバリ専用ソフトウェアです。

  • FAT、NTFS、EXT2、EXT3、EXT4、HFS+、UFS1、UFS2、ReiserFS、XFS、VMFSファイルシステムに対応しています。
  • VMDK (VMWare)、VHDイメージに対応しています。
  • PC-3000 SAS / SCSIに接続した障害HDDから、正常HDDまたはイメージファイルに部分コピー、完全コピーできます。
  • ダイナミックトランスレータが損傷したHDDのデータリカバリが行えます。
  • ヘッドマップ機能で、損傷したヘッドやプラッタだけを除外してHDDからデータを読み取ることができます。
  • PC-3000 SAS / SCSIのテクノロジカルモードで物理障害のHDDの修復が行えます。
  • HDDを物理パラメータ(PCHS)で読み取る機能を備え、LBAアクセスできないHDDからのデータ読み取りが可能です。
  • Unicodeに対応しています。

Data Extractor SAS/SCSIは、こんな場合にお役に立ちます。

論理障害のデータリカバリ

  • パーティション情報(MBR、GPT、APSなど)の損傷
  • ファイルシステムメタデータ(FAT、MFT、inodeなど)の損傷
  • パーティション、フォルダやファイルの削除
  • フォーマットによって生じたデータやメタデータの損傷
  • ウィルスによる損傷
  • 論理障害の解決においては、以下の専用機能があります。
    • エクスプローラ
    • オブジェクトマップ
    • クイックディスク解析
    • パーティション解析
    • RAWリカバリ
    • メタデータの確認
    • 各種マップの構築

デジタル・フォレンジック

  • MD5、SHA1ハッシュのチェックサム機能
  • リストおよびファイルのエクスポート機能
  • HDDアンロック機能
  • Max LBAの変更、工場出荷時値リセット機能
  • 読み取り専用モードでのHDDマウント機能
  • 原本から一度に数台複製することができます。

物理障害のデータリカバリ

  • サーフェイスの損傷またはヘッド機能低下による不良セクタ
  • ヘッド機能低下またはサーボラベルの破損によるノッキング
  • サービスエリア情報の破損、BIOSで認識しない、容量0GB
  • LBA-PCHSトランスレーションシステムが破損したHDD
  • ヘッド移植など開封後の読み取りが不安定なHDD
  • ホットスワップ後のデータリカバリ
  • 物理障害の解決においては、以下の拡張機能があります。
    • 読み取り方向の選択(Forward、Back)
    • 使用/未使用セクタ読み取り
    • 電源コントロール
    • ECC無効読み取り
    • テクノロジカルモード
    • ハードウェアリセット、ソフトウェアリセット
    • ヘッドの先読みの停止
    • ヘッドマップ
PC-3000 SAS System 対応HDDモデル一覧 PC-3000 SAS System キットの紹介 PC-3000 SAS System 適用事例
資料請求
セミナーの様子
セミナー情報

PC-3000シリーズを利用した これまでにない新しいビジネスチャンス例を特別にご紹介します。

取扱代理店
取扱い代理店

PC-3000 JAPAN 正規取扱い代理店についてご紹介します。

正規品の証
正規品の証

製品をお買い求めの際は、このマークをご確認ください。

PAGE TOP